今度の狩猟はオープンワールド!超大人気シリーズの最新作がPS4で登場!!「モンスターハンター ワールド」


はじめに

モンスターハンター ワールドについて、本記事では主に過去作品との比較を通じて本作を紹介していきます。その中で大きくマップ、アイテム使用モーションの2点について主に説明していきます。

 

マップ

過去作品と比較して最も変化が感じられるのが、この狩りを行うマップの仕様です。本項目ではオープンワールドシステム、探索システム、そしてベースキャンプの3点に着目して説明をしていきます。

 

オープンワールドシステム

従来ではそれぞれのマップはおおよそ10エリアほどに分割されており、あるエリアから別のエリアへと移動する際には毎回ロードを挟んでいました。このエリア移動にロードを挟むシステムは、その都度待ち時間が発生することはもちろん、エリアの境界線ギリギリで戦っていたりモンスターに吹き飛ばされたりした際に意図せずエリアを移動してしまうということがよく起こっていたために、かなりの煩わしさを感じる原因となっていました。また仕様上仕方なくはあるのですが、モンスターが逃げる際にエリアの境界線で急に姿を消すという非現実的な現象が起こり、何となく「世界が広がっている感覚」がせずプレイ中の没入感が薄れてしまっていました。
しかしモンハンワールドではこのエリア移動にロードを挟む仕様を撤廃し、エリアすべてをシームレスに繋げるというオープンワールドの仕様をマップに取り入れています。これにより前述のエリア移動の煩わしさは解消され、余計なストレスを感じることのないゲームプレイが可能になりました。またオープンワールドにしただけでなくマップそのものも広くなっているので、非現実的な現象が起こらなくなったことも相まって「世界が広がっている感覚」を非常に強く感じられるようになりました。モンスターハンター ワールドというタイトルも、このオープンワールドシステムの追加に由来するものでしょう。

 

探索システム

次に大型モンスターを探索するシステムの変化についてです。従来では大型モンスターを探す際、そのモンスターごとに決まっている移動エリアを順に巡っていました。しかしこの方法ではなかなか見つけられないことも多く、やっと見つけても逃げられてしまうとまた探し直しになってしまうため、クエストの制限時間の多くを戦闘ではなく探索に割かなければいけないという事態に陥っていました。もちろんこの探索を楽にするアイテムはありましたが、それでも多くのプレイヤーは探索に煩わしさを感じていました。
しかし本作では、この探索システムが大きく改善されました。先程マップが広くなったという話をしたのでもっと面倒になっているのではと感じている方もいるかと思いますが、その心配もなくなる工夫がなされています。具体的には、モンスターの足跡や爪痕などの手がかりを追うことで、モンスターに辿り着くことができるようになりました。マップの各所にある痕跡を一定数見つけると「導蟲」という光る虫たちがモンスターへと案内してくれるようになり、これについていくだけでモンスターを見つけることができます。足跡を追って対象を発見するというのはすごくハンターらしく、利便性だけでなく狩りゲーのリアリティをも高めてくれるシステムとなりました。

 

ベースキャンプ

そして3つ目にベースキャンプの仕様についてです。従来ベースキャンプは1つのマップに1箇所だけ存在しており、寝て体力を回復すること、そして支給品を受け取ることの2つが主に可能でした。これ自体に特に不満はありませんでしたが、1箇所しかないゆえにキャンプから遠いエリアで戦ってやられた際に、またそこまで戻るのに時間がかかってしまうという問題点もありました。
そこで本作ではマップが広くなったことも相まって、ベースキャンプが1つのマップに複数用意されるようになりました。今までクエスト開始前にやっていた食事やアイテム整理、装備の変更がキャンプで可能になり、またマップのどこからでもキャンプを選択して移動できるファストトラベル機能も追加されたことで非常に便利になりました。クエスト開始時のスタート位置の選択も可能になったことで、複数人でプレイするときは別々のキャンプからスタートし、手分けしてモンスターを探すといったこともできるようになり、探索システムの改善にもつながりました。

 

アイテム使用モーション

マップの変更点はこれくらいにして、次のアイテムについての説明に移ります。今までに無かったアイテムが追加されたことも大きな変更点ですが、本記事ではついに変更された全プレイヤー待望のアイテム使用モーションについてに絞ります。
今までは回復薬や食料を使用する際一定時間立ち止まり、ガッツポーズを取ってようやく効果が発揮されるという仕様でした。モンスターとの戦闘中に行うには煩わしく感じて不評だったこのモーションですが、前作まで頑なに変更されることはなく今作でも同じだろうと誰もが思っていました。
しかしようやくここに変更が加えられました。アイテム使用時に毎回立ち止まって動けなくなっていたのが、ゆっくりではありますが移動しながらの使用が可能になり、またモーション終了まで発揮されなかったアイテム効果がモーション中に徐々に現れるようになりました。モンハンシリーズをプレイしたことの無い方は「たかがモーションの変更でしょう」と思われるかもしれませんが、過去作のプレイヤーにとっては一番の改善と言っても過言ではないほどのものでしょう。

 

まとめ

以上モンスターハンター ワールドの魅力について、モンハンワールドのタイトルの由来にもなったであろうオープンワールドシステムの追加、ゲームの快適さや楽しさを大幅に高めてくれる探索とベースキャンプシステムの改善、そして全プレイヤーが待ち望んだアイテム使用モーションの変更の4つの観点から説明させていただきました。過去作を大きく超えるタイトルとなるであろうモンスターハンター ワールド、興味を持っていただけたのでしたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です